専務理事所信(総務委員会担当)

専務理事 西山 剛

 現在、私たちは約半世紀に渡る歴史において会員数が最少であり、県内でも最小規模のLOMとなっています。経験豊富な先輩方の卒業が続き、多くが経験の浅いメンバーで構成される中で、事業を構築し活動や運動を展開する状況にあります。私は、このような現状にある中で大切なのは規模の大小や人数の多寡ではなく、高い志を持ち同じ使命に燃える同志が集う組織であることに誇りを持ち、固い絆で結ばれていることであると考えます。
 単年度制を採る青年会議所では一年毎に与えられる役職が変わります。これは40歳で卒業という限られた時間の中で様々な立場を経験することにより、学びと成長の機会を増やすことを目的としています。貴重な時間を青年会議所活動に充てることが、自らの学びと成長に繋がっているという実感を得られることは、この組織から地域へ派生するうねりを起こす原動力となります。しかし様々な立場を経験する中では、苦しい場面に対峙することもあります。メンバーがそれを修練として捉え己と、組織と、地域と向き合い、ぶれない軸を持って活動や運動を展開できるよう、私は繋ぎ役、サポート役としての担いを全うします。また日本青年会議所、地区協議会、富山ブロック協議会や地域の他団体との連携を密にし、積極的に意見交換や情報交換をします。そしてメンバーへの迅速な共有に努め、新たな出会いや多様な価値観に触れる機会を創出します。今年度専務理事として目指すのは、自らの描く地域の未来や、そのための活動と運動、そして事業構築のための準備期間に至るまで、メンバー一人ひとりがその全てに誇りを持った組織への進化です。
 組織の繋ぎ役としてLOMでの共感、地域や他団体との共感が響き渡るよう尽力し、また、サポート役として円滑な組織運営と適正な環境整備のため組織全体とメンバーへの目配り気配り心配りを欠かすことなく、私たちの想いが響き渡る組織を創っていきます。
 

総務委員会 委員会方針

委員長 八橋 恭平

 

 【基本方針】
 人を惹きつける魅力ある組織とはなにか。それは時代ごとに移ろいゆく課題や地域の皆様の想いを汲みとり、その時々に求められる活動や運動を展開していく組織ではないでしょうか。そういった魅力ある組織となるためにもメンバー一人ひとりが滑川青年会議所の目指す「自己の修練・地域への奉仕」といった方向性を理解し、それぞれの想いや知識・価値観の統合を図り、一丸となって進んでいける組織運営を行っていくことが必要です。
 円滑な組織運営を行うためには諸会議の開催やメンバー間の情報共有は欠かせません。新型コロナウイルスの影響で日々変化していく情勢に柔軟に対応し、参集形式、Web形式など、状況に応じた会議開催に努めます。また必要な情報を正確かつ迅速に発信するために電話、SNS、Eメールなどその時々に最適な伝達手段を選択して、必要な情報を最大限活用・共有することで、知識や価値観の統合を図り、一致団結した組織運営に繋げていきます。そして地域の皆様への情報発信の要となるホームページやSNSの更新を継続的に実施し、青年会議所の魅力や活動・運動内容を知っていただくことで認知度向上を目指します。またメンバーには新たな仲間との出会いや多様な価値観と触れることが出来る日本、地区、富山ブロックの事業への参加を積極的に促し、個としての魅力研鑽に繋げ、ひいては組織全体の魅力向上・活性化に繋げていきます。そして長い間、同じ目的に向かって苦楽を共にして、時には切磋琢磨してきた仲間の新たな旅立ちを心から祝福・激励し、改めて絆を深める機会とするための例会を開催します。
 メンバー一人ひとりの想いを一つにし、一丸となって挑戦していくことで一歩先の未来へ進んでいきます。地域の皆様からの声に応え、人を惹きつける魅力ある組織運営を目指し、我々の想いが響き渡る組織を創っていこう。



【委員会スローガン】
一心同体 ~想いを一つにし、一歩先の未来へ~

【事業計画】

 1.理事長引継式や総会の企画・運営及び諸会議の開催・運営

 2.様々な情報ツールや手法を用いた情報発信と情報共有の実施

 3.ホームページやSNSの設営・運営

 4.日本、地区、富山ブロック諸事業への参加促進

 5.ふるさと龍宮まつりへの参画

 6.卒業例会の開催